2015年以降から実施される相続税大改正をご案内します。相続税大改正の中身は?

相続対策が必要なのはどんな人?

相続税がなくても必要! <もめない対策>

相続争いは、遺産が少なくても発生するのが現実です。不動産、自社株など分けにくい財産があれば、争いの原因になります。

相続の節税対策 <相続税負担を減らす対策>

増税後は節税対策の重要性は大きくアップします。
生前贈与で財産を減らしたり、税務ノウハウで相続税評価を下げる対策をしたりするため、できるだけ早い段階でスタートするのが重要です。

納税対策 <各相続人が払えるようにする対策>

不動産や自社株の割合が高く金融資産での納税が難しい方の最重要課題となります。
財産構成の見直し、資金準備、ときには物納(現物納付)や延納(分割払い)を踏まえた対策が必要です。

相続対策の流れ

相続対策の3つのポイント