感動相続

文字サイズ大中小

資産形成プロジェクト

はじめての海外投資~まともなファンドは本人確認書類などの用意が当たり前!?

2012年6月27日

 円高も少し落ち着きを見せ始め、日本の借金や財政の状況から将来の円安が見えてきたいま、”はじめて海外投資”をされる方向けに、うかつに海外のファンドの紹介業者などの口車に乗って嫌な思いや損をされるようなことのないよう、まともな海外投資のイロハをシリーズでご案内いたします。

■ 海外ファンドでは、申込み時に必要とされる書類が多い理由(秘密)

 一般的に、まっとうな海外金融商品(ファンドなど)を申込まれる際(=投資時)に必要とされる書類は意外に多く、抵抗を感じてしまうことがあります。これは、国内の証券会社などでは取引口座を作る際に本人確認書類などが一度要求された後は、そこを通じて海外金融商品(多くが海外の運用会社に運用を委託する外貨建て証券投資信託)に投資する場合は必要とされないためです。
 感動相続!でご案内する海外投資(オフショア投資)は、直接海外ファンド(金融商品)に投資するため、国内の証券会社などの海外ファンドのような”二重(国内と海外)にいろいろな手数料や利益をとられずに済む”メリットがあり、同種ファンドなら「直接投資の方が高い利回りを得やすい」のです。
 つまり、間でピンハネがない分ファンドの運用実績がそのままストレートに反映して有利というわけです。申込み時の多少の面倒など、適切なファンドだからこその必要書類と考えたほうが良さそうです。

■ 申込みにはどんな書類を用意しておけばよい?
 金融商品ごとに申込に必要な書類は若干異なるため、”金融商品の内容や投資対象その他について詳細の書かれた目論見書(Prospectus)”の確認をお忘れなく。といっても英文のため、感動相続!でご提供しているような「和文の手続きリストや説明文など」を参照のうえ、必要書類の準備に当たるとよいでしょう。
 通常、申込みにはつぎのような書類が必要とされますので、安心して投資するためには嫌がらずに積極的に準備しましょう。

 申込書はもちろんですが、パスポートと住所確認書類はほぼすべての海外金融商品で必要とされます。
◆ パスポートについてご用心! 

 飛行機嫌いだから海外旅行はしない、年をとったから必要ないから、パスポートを持たない方も増えています。海外に行かないからといっても“財産を海外に出張させたい”なら、パスポートは必携品です!おカネがあれば何でもできるということは絶対にありません。ご自分の存在の証明手段として「世界で最も信頼性の高い書類がパスポート」であることを知っていただきたいものです。英文の記載もあり、世界中で通用します。
 年はとっても、何はなくとも“長期間有効なパスポート”は取得しておきましょう!
◆ ”住所確認=お住まいの証明”も大切な時代!
 必要書類の3番目に”投資家の住所確認書類”として、運転免許証や住民票、ガス・水道(携帯を除く)固定電話の利用料の利用明細書なども。いまや国内でも、銀行で10万円以上の現金を引き出そうとすれば本人確認がされる始末。”振り込め詐欺、なりすましなどの横行”でイヤな時代になってきており、今後は今まで以上に”自分の証明や住所地の証明”が求められます。
 海外投資では、申込みと送金完了後に「契約確認通知やその後に運用報告書類など」が送られるため、正

しい住所地が必要なのです。つまり、他人が勝手に書類などを受け取れないようにとの配慮ともいえます。
 70歳以上の方に”運転免許証の返還運動?”が行われていますが、実は免許証は世界的に非常に有効な”本人確認と住所地確認の手段”です。パスポート同様、顔写真が貼られているので、なりすましも不可能です。また、海外で銀行口座を開設したい時なども必携品です。運転するしないにかかわりなく、感動相続!では”運転免許証は更新”を続けられることをお勧めしています。
◆ まだある必要書類、でもホントに必要!
 もう少し頑張りましょう。実は、日本より海外の方がマフィア・やくざ・不正資金などの資金洗浄(マネー・ロンダリング)には法規制が厳しく、まともな海外ファンドはすべてこの規制に対しては敏感です。
 そのため、そのファンドの法規制当局の要請で、投資資金の出所が不正資金などでないことを証明するための書類=源泉徴収票や確定申告書などで適切に収入があることを立証し、投資できる資金が預金口座にあることを証する預金通帳など=の提出を求めることがあります。こうした書類を提出したからといって、誰かに見られたり、情報が漏れる心配はありません。

 こうしたファンドによって異なる必要書類は、感動相続!で情報提供している金融商品であれば、金融商品名をクリックしていただくと、個別のファンドごとに必要な書類がリストされています。(会員限定ですので、金融商品情報などをご覧になりたい場合は、会員登録が終わればいつでもご覧になれます。)

■ 実は、本人確認書類などは英訳と認証も必要だ!
 感動相続!がサポートする場合には皆さんが用意する書類は以上で終わりですが、もし皆さんが自分で直接申し込もうとすると、まず本人確認書類その他必要とされる書類の英文翻訳が必要です。さらに、それらが本物、あるいは実在することを認証する書類が必要にもなります。つまり、英文翻訳はできる投資家がいたとしても、認証を自分ですることはできないので、事実上一人で独自に投資する準備をしても「申込みは受け付けられない」ケースが多いようです。
★ 海外投資については、事務局に気軽にお問い合わせください。感動相続!会員でない方は、欄外の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録(無料)を済ませたうえでお問い合わせください。

お問い合わせは
「英和コンサルティング株式会社/英和税理士法人」まで
無料相談受付中 相続のことならお任せ 03-3491-3811(代) 営業時間/9:00~17:30 定休日/土、日、祝日
メールフォームでのお問い合わせホームページはこちら
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP