テキサス州の魅力

テキサス州とは?

幹線道路沿いに広大な住宅地が連なるダラス空港西部
 テキサス州はアメリカ南部に位置し、本土ではアラスカ州についで2番目に大きな州です。デルやコンパックといったコンュータ会社の拠点があり、テキサス州中部は南部のシリコンバレーとも呼ばれています。
 また、全米で最大の空港数を誇り、研究機関や医療機関も世界で最も集中している地域です。

 さらに、テキサス州は定年を迎えた人の人気移住先としても非常によく知られています。フロリダ州、アリゾナ州もリタイア後の移住先として世界的に有名ですが、温暖な気候のテキサス州も米国内では絶大な人気を誇ります。



主な特徴

テキサス州 ダラス市街
 テキサス州には、国内で4番目に大きい都市圏ダラス・フォートワースメトロプレックス(DFW)という600万人の人口を抱える地域があり、今後20年間で300~400万人の人口増加が見込まれています。
 一方、州都オースティン市とサンアントニオ市を合わせた地域(オースティン・サンアントニオ・コリドー)は、米国の大都市圏の中で16番目に人口の多い地域で、特にオースティン市はハイテク産業の中心と位置付けられており、2つの市は中心部から90分以内で行き来できる距離にあり、ともに成長を続けています。
 DFW大都市圏とテキサス州は、雇用機会、1戸建て住宅許可証発行件数などのファンダメンタルズでは全米でも常にトップランクに入っています。
 仮にテキサス州をひとつの国とみた場合、その経済規模(GDP)は世界第10位に相当します。同州の最大の強みは成長性と持続可能性にあり、市場の変動にもかかわらず常に安定した経済成長を続けている点がこれを裏付けています。
 さらに、テキサス州は雇用拡大と経営環境に最も優れた州として5年連続第1位になるなど、企業誘致に非常に力を入れており、フォーチュン500に選ばれた企業のうちテキサス州に本拠地を置く企業の数は全米の州で第1位にランクイン。
 仕事を求め移住してくる人が相次ぎ、2000年~2009年の人口増加も全米第1位です。

米商務省:国勢調査局 2010 Census Data


プロジェクト対象地区

★グレイソン郡 大都市圏ダラス・フォートワースメトロプレックス(DFW)の通勤圏内にある地区で、幹線道路近隣などアクセスしやすい地域でプロジェクトが進行中です。

★コールドウェル郡 オースティン・サンアントニオ・コリドーの幹線道路35号線の近隣や、アクセスしやすい地区を中心にプロジェクトが進行中です。



ランドバンキング(USA)の魅力 ランドバンキングに適した国アメリカで、さまざまなプロジェクトが進行中です。
アメリカの魅力とは?アメリカの中でも特に注目の4地区についてご案内します。