バージニア州の魅力

バージニア州とは?

バージニア州 州都リッチモンド
 バージニア州はアメリカ東部に位置し、経済・インフラ・教育などすべての面で非常にレベルの高い人気の地域です。

 特にバージニア、コロンビア特別区および隣接州メリーランドによって形成される「ワシントン大都市圏近郊エリア」は、この10年間に目覚ましい成長を見せてきました。
様々な業種に分散しつつも活力あるこの経済圏は安定した雇用と教育システムも持つこと、さらにリーマンショック後には住宅も買いやすい価格に戻ったことから、現在も人口増加を続けています。


主な特徴

ワシントンDC
 バージニア州都リッチモンドとワシントンD.C.の中間地帯は「都の輪郭」と呼ばれ、今後の発展が期待されています。
「都の輪郭」を含むワシントン大都市圏近郊エリアは、すべての面で全米トップレベルの地域です。
アクセス面では、米国の南北を結ぶ全長3,098kmの州間高速道路95号線(I-95)、多くの都市間のヒト・モノ・サービスなどを結ぶ鉄道網が存在しています。また、近隣のダレス国際空港およびレーガン空港から、カナダと米国経済の60%以上、また国内総生産(GDP)の20%以上を扱う経済圏まで2時間でアクセス可能と、交通網が多層に張り巡らされており、地域の持続的成長を支えています。
 ワシントン大都市圏近郊エリアは「アメリカの人材の都」と呼ばれ、この地域にある15ヵ所以上の高等教育機関で多くの学生が教育を受け、圏内の企業に就職している状況です。雇用創出では、米国の都市圏トップの実績(1990年-2009年)を誇るとともに、雇用成長(2010年第2四半期)の面でも同トップを続けており、逆に国内でも最低水準の失業率(2010年第2四半期、7.4%)を維持しています。
 以上のように経済等の基盤がしっかりと形成されていることから、今後も成長が持続する可能性が高く、ランドバンキングにとっても有望な注目の地域です。


バージニア州の人口は過去10年で13%増加
米商務省:国勢調査局 2010 Census Data


プロジェクト対象地区

ワシントン大都市圏近郊
★スタフォード郡「都の輪郭」地帯  バージニア州都リッチモンドとワシントンD.C.は、米国の南北を結ぶ全長3,098kmの州間高速道路95号線でつながっており、その中間地帯である「都の輪郭」がプロジェクト対象地です。



ランドバンキング(USA)の魅力 ランドバンキングに適した国アメリカで、さまざまなプロジェクトが進行中です。
アメリカの魅力とは?アメリカの中でも特に注目の4地区についてご案内します。